むち打ち症と後遺障害

追突による交通事故で被害者になると、むち打ち症になる場合があります。むち打ちとは、交通事故で追突事故に遭遇した場合に、頭だけを残して体が前方に押し出され、首が鞭のようにしなってしまった状態になることを言います。症状は、首自体や首から肩にかけての痛み、頭痛・めまい・吐き気などです。一般的にむちうちや、むち打ち症と言われますが、医学的にむちうち症と言う病名はなく、正しくは外傷性頚部症候群と言います。外傷性頚部症候群は大きく4つの型に分類する事ができます。

むち打ちむち打ち損傷の診断は、問診や触診、レントゲンなどの検査で診断されます。むち打ち症は後遺障害を残す可能性の高い傷害です。むち打ちと診断れた場合は、後の後遺症にそなえて、反射検査、知覚テストなどによる神経学的検査、レントゲン検査やCT、MRIなどによる画像診断などで、できる限り早い時期に総合的な検査を受けておくべきでしょう。

むち打ち症は、外傷の中で最も交通事故の後遺障害の対象になる傷害です。しかし骨折等の物理的損傷を伴わない場合は、症状の自己申告となり、保険会社に疑念を抱かれやすい症状ともいえます。一般的に、むち打ちは数か月もあれば十分完治するといわれており、治療費の打ち切りもあります。よって、治療の際は症状を一貫させて、医師に症状を真摯に伝え、医師との信頼関係を築く必要があります。


~関連記事~

Pocket

Published by