交通事故による高次脳機能障害

交通事故で高次脳機能障害と認定される場合、対人関係に問題起き、日常生活に支障が出たりします。症例として、記憶障害があります。記憶障害とは、事故や病気の前に経験したことが思い出せなくなり、新しい経験や情報を覚えられなくなった状態です。記憶喪失と言うとわかりやすいです。

高次脳機能障害例えば、今日の日付がわからなくなってしまったり、自分の居場所がわからなくなってしまったりします。また、物の置き場所を忘れたり、新しい出来事が覚えられなくなったりします。何度も同じことを繰り返し質問したりします。一日の予定を覚えられなくなったりします。自分のしたことを忘れてしまったりします。作業中に声をかけられると、何をしていたか忘れてしまったりします。人の名前や作業の手順が覚えられなくなったりします。

記憶障害とは別に注意障害があります。注意障害とは、周囲の刺激に対して必要なものに意識を向けたり、重要なものに意識を集中させたりすることができなくなった状態いいます。症例として、気が散りやすい、ひとつのことに長時間集中できない、ぼんやりしていて何かするとミスばかりする、一度に二つ以上のことをしようとすると混乱する、周囲の状況を判断せずに行動を起こそうとする、言われていることに興味を示さない、片側にあるものだけを見落とすなどです。


~関連記事~

Pocket

Published by