交通事故被害の後遺障害

交通事故で怪我をして一定期間治療しても完治しない場合のことを後遺症といいます。交通事故では保険会社が保険金を支払うため、すべての後遺症に保険金が支払われるわけではありません。保険金が支払われるのは後遺障害と認定された場合に限られます

後遺障害等級認定交通事故の後、一定期間治療を行っても症状の回復が見られず、これ以上治療してもよくならない場合は症状固定となります。この症状固定後に自賠責調査事務所に対して後遺障害等級の認定申請をします。そして、自賠責調査事務所に後遺障害等級認定されると、後遺障害が残ったと認定されます

後遺障害等級は1級から14級に分かれています。また、1級と2級については要介護かそうでないかでさらに分かれています。1つの等級でも症状によって複数の項目に分かれており、そのいずれかに該当することで等級が決まります。

後遺障害等級認定の申請は、事前認定と被害者請求の2種類の方法があります。加害者側保険会社に代行してもらうのが事前認定で、被害者自らが申請するのが被害者請求です。事前認定は、保険会社がすべての手続きをやってくれるので便利ですが、加害者側の保険会社が手続きをするので、被害者側が有利に行われたのか疑念が残ります。一方、被害者請求は、自らが主張する証拠文書をすべて準備してから申請するため過不足の無い申請ができます。ただし、専門的な手続きであるため、後遺障害等級認定の覚えのある弁護士や医療コーディネーターのサポートが必須となります。


~関連記事~

Pocket

Published by